CONSTRUCTION MATERIALS

営業

篠野 雅史

三協アルミ社
千葉支店
エクステリア部
〈取材時〉

経営学部
国際経営学科
2009年入社

どんな時でも誠実に
接することを心掛けて、
最適なエクステリア商品を
提案しています。

気合を入れて社員一丸で臨む、
日本最大級のエクステリア展示会。

私の仕事は門扉やフェンス、カーポートなどエクステリア建材の営業です。千葉県内の販売代理店を回り、住宅のデザインやユーザーのライフスタイルに最適な商品を提案しています。
普段は一人でお得意様である販売代理店を訪問していますが、定期的にエクステリア課一丸となって新商品を売り込むキャンペーンもあります。その中の一つが毎年、東京で開催される日本最大級の展示会EXE(エクステリア・エキシビジョン)です。ライバル社とブースを並べ、大勢のお客様を迎える会場は、にぎやかさの中に緊張感が漂っています。この大事なイベントに臨む社員の士気を高めるため、開場直前のミーティングで気合いを入れる掛け声を発する大役を任されたことがあります。緊張しましたが、いつも以上に熱意のある接客と商品説明をすることができました。

1日1商品を覚えることがノルマ、
とにかく勉強した新人時代。

私が就職を意識し始めた頃、真っ先に思い浮かんだのは父の仕事である建築関係でした。そこから自分のやりたいことを考え、建材か住設メーカーの営業マンとなることを希望しました。
入社1年目はチューター制度の下、先輩から営業マンとして学ぶことの大切さを教わりました。中でも商品知識を増やすため、1日1商品覚えることを自分に課していました。当社は住宅や庭周り、官公庁用と大きく分けて3種類のエクステリア用カタログがあります。それらを教科書代わりに、まずは商品名や用途なで最低限の知識を暗記し、徐々にカラーバリエーションやサイズなど細部も押さえます。先輩に同行した営業先で話題に上がったカーポートなど、毎日必ず一つは自分のものにすると意気込んでいました。
三協立山の社員として、ぶれない仕事をするための心構えも教わりました。「相手によって態度を変えるのではなく、どんな時でも誰に対しても誠実に接すること」。お客様の元へ訪れるようになった現在も、この言葉を大切にしています。


先輩のように仕事をこなし、
お客様からの信頼を得たい。

営業は攻めてばかりではない。
要望やトラブルも解決します。

他社製品を取り扱っている販売店に、自社製品の魅力をPRして採用してもらうなど営業は攻めの姿勢が必要です。その一方で現場のトラブルやお客様の要望へのきめ細かな対応も求められます。それは「図面上では商品が取り付けられるはずなのに、いざ現場に伺うと納まらない」「この大きさの門扉がほしい」などさまざまです。即座に対処すると同時に、現場の声を本社の商品開発部門にフィードバックすることで、商品の改良にも貢献しています。
お客様に感謝されると、営業マンとして冥利に尽きます。以前、ある商品の納まりに関して、得意先から問い合わせを受けたことがあります。解決策をまとめ、本社に報告書を提出しました。このことが商品の改良につながりました。その結果を伝えると、本当に喜んでもらえましたね。


先輩方の働く姿を見るたびに、仕事量やスピード、トークスキルなど、自分に足りないものを痛感させられます。これからも経験を積みながら、課題を一つずつクリアしたいです。将来は先輩のように、お客様に頼りにされるような営業マンになりたいですね。

ページトップへ

キャリア採用はこちら