CONSTRUCTION MATERIALS

生産技術

山下 和寿

三協アルミ社
生産技術部
〈取材時〉

工学部
機械システム工学科
2009年入社

現場の作業効率を上げるため、
改善点を探し出して
修正します。

治具の製作や設備仕様の
標準化に取り組んでいます。

工場内の生産ラインの立ち上げや、稼動後の改良を担当しています。自席でパソコンに向かっているよりも工場にいることの方が多く、現在は住宅メーカーから生産依頼を受けた窓枠のラインを先輩と一緒に管理しています。
いかに現場の作業効率を上げられるかが、生産技術課スタッフのこだわるポイントです。例えば、ある製品を作る過程で作業員がどれだけ歩くか。調査して無駄に歩いていることが分かれば、1歩でも減らすために現場のレイアウト変更に着手します。
加工や組み立てを補助する治具の製作も私の仕事。自作品が現場で使われているのを見ると、やりがいを感じますね。特に現場から何度も修正を求められ、何とか完成にこぎつけた治具が認められた時は、製作時の苦労も吹き飛びます。
また、設備の標準化にも力を入れています。工場ごとに異なる機械の使用方法や設定を統一することで、他工場との連携も取りやすくなり、将来的には生産ラインの統合にも対応できます。

成果が目に見えるモノづくりに興味、
より良い製品の追求に夢中です。

大学では、旋盤を使ってナットやボルトなどの部品を作っていました。これがモノづくりを仕事として考え始めたきっかけです。中でも住宅建材に関われば、私たちの生活に身近で役に立つモノを作ることができる。これは面白そうだなと、当社の採用試験に臨みました。
入社以来、お客様のニーズに合った良いモノを作るためにはどうすればいいか、常に考えています。休日でも気になる窓枠があれば観察するなど、モノづくりに夢中です。
現在の部署に配属となる前は、福光工場でプレス工程を担当していました。工場での作業を体験できたことが、今の仕事に活きています。些細なことでも一つずつ改善点を探し出すことを心掛け、その積み重ねが現場の生産性を押し上げるのです。

目標は一からラインを
立ち上げること。
実現に向けて日々、
挑戦の繰り返しです。

仕事を覚えるためには、やる気と人から教わる謙虚な気持ちを持つことがまずは大事だと思います。その上で、「何をすべきか」という自分への問いかけを続けて、日々目標に向けて努力することが自身の成長につながると信じています。
まだまだ先輩に助けてもらうことが多く、一人前と呼ばれるにはほど遠い自分ですが、将来は生産ラインの立ち上げを一人で仕切ることができるようになりたいです。そのために、各種設備の施工やマシントラブルの対処法など、現場づくりに関することをどん欲に学んでいる最中です。
先輩方がよく言われることですが、「悩むなら、やってみよう」という気持ちを持つことが大事な職場です。生産ラインの管理は絶え間なく続きますし、治具の製作、設備の設定も一度完成させたからといって、そこで終わりではありません。現場の声を聞いてさらに改良を加えていく必要があります。机の上の設計図を見て頭を抱えている暇があれば、現場に出て修正してより良いモノを生み出す。仕事とは挑戦の繰り返しだと思います。

ページトップへ

キャリア採用はこちら