企業情報

経営理念

 三協立山グループは、創業の原点である「お得意先」「地域社会」「社員」の三者が協力し共栄するという協業の精神に基づいた経営理念のもと、健全な企業活動を通じて社会に貢献していくことが私たちの使命であると考えています。

経営理念

お得意先・地域社会・社員の協業のもと、新しい価値を創造し、 お客様への喜びと満足の提供を通じて、豊かな暮らしの実現に貢献します。

行動指針

行動指針イメージ

私たちは、

−お 客 様 満 足−
1)常にお客様の視点に立ち、誠実に対応することで、信頼される存在であり続けます。
−価 値 創 造−
2)技術と知識の向上に努め、新たな製品の開発とサービスの提供にたゆまず挑戦し続けます。
−社会との調和−
3)環境、地域社会、人との調和を考えて行動し、人と自然にやさしい企業であり続けます。
−自 己 研 鑽−
4)自己研鑽に励み、互いに切磋琢磨し、働き甲斐のある企業風土を育みます。

CSポリシー

  • ● お客様満足を第一とし、“常にお客様の立場・視点で考え行動”しよう。
  • ● お客様の意見に耳を傾け、“期待や問題点をしっかりと把握”しよう。
  • ● お客様の満足実現に向け、“創意・工夫で改善、提案”しよう。
  • ● お客様の“満足こそが仕事の成果”であると心がけよう。
  • ● お客様の満足を、“共にわかち合えることに感謝”しよう。

シンボルマークについて

行動指針イメージ

ハート型の葉を持つ新芽のマークは、覚えやすく親しみやすいかたちです。
このマークを介して、お客様、お得意先、株主・投資家の皆様はもちろん、地域の方々や社員との良好なコミュニケーションを築けるように願っています。
人と人、社会と企業というつながりをフリーハンドの曲線でやわらかく表現し、シンボル化しています。 「社会と私たち」「お客様と私たち」「環境と私たち」・・・など“心と心を結ぶシンボル”として位置付けています。

このページのトップへ