CSR

グリーン調達

概要

 三協立山グループは、地球環境保全が人類共通の課題であることの認識のもと、環境への対応を最重要課題の一つとして取り組んでいます。環境への負荷が少ない資材等の優先調達(グリーン調達)をお取引先様とともに推進するために、2001年7月に「グリーン調達ガイドライン」(2008年7月に第2版に改訂)を制定し、推進しています。
 三協立山グループは、環境負荷の少ない資材等を積極的に調達していくために、従来からの品質(Quality)、価格(Cost)、納期(Delivery)に環境(Environment)指標を加えた総合評価を行い、調達判断しています。 お客様に安心して当社製品をご使用頂けるよう、取り組んでいます。

グリーン調達基準

お取引先様の選定基準

お取引先様の選定は、品質、価格、納期に、次の環境面評価(企業姿勢評価および納入品評価)を加えた総合的な調達判断で行います。

・企業姿勢評価:
環境保全に関する取組み(ISO14001を取得またはそれに準じる取り組み)を行っているかどうか
・納入品評価:
調達する部品・材料(素材、汎用部品、完成品、半完成品、副資材など)について原材料、仕様、梱包、製造工程、輸送効率などが環境に配慮されているかどうか
「品質,コスト,納期評価」 + (「企業姿勢評価」+「納入品評価」)  =  「総合評価」

事務用品等の選定基準

お取引先様から調達する事務用品等は、環境対応商品(グリーン購入法対応商品、エコマーク取得商品、グリーンマーク取得商品、GPN環境データブック掲載商品、メーカー自主基準環境商品)を優先して調達します。

このページのトップへ