CSR

CSR憲章

三協立山グループは、CSRビジョンとして位置付けた「CSR憲章」「CSR行動規範」を設け、これを軸とした健全な企業活動を行ないながら、信頼される企業風土を醸成していきます。

総則

三協立山グループは、社会から信頼されながら、かつ継続的に発展することを望まれる企業となるため、企業の社会に対する責任(CSR:Corporate Social Responsibility)を果たす以下の4つの原則に基づいて行動します。

原則

1.健全な企業活動

  • お客様の立場で行動し、お客様の立場に立った商品・サービスを提供します。
  • 法令・企業倫理等を遵守し、公正で自由な競争を行なうとともに、公的機関とは透明かつ厳正な関係を維持します。
  • 会社に不利益となる行為を禁止し、反社会的な勢力に対しては、毅然とした態度で臨みます。
  • 会社の情報、財産、資産およびお客様の情報は、厳重かつ適正な管理を行ないます。

2.社会との調和

  • 国内外の文化・習慣を尊重するとともに、社会貢献活動を積極的に行ないます。

3.環境との調和

  • 自らに責任を持ち、環境保全活動に取り組むとともに、積極的に地域活動に参画し、社会に貢献します。
  • 環境負荷の少ない商品を優先的に提供するとともに、積極的に技術革新の活用を図ります。

4.人間尊重

  • 全ての人々の基本的人権を尊重し、安心で健康な働きやすい職場環境を築きます。

このページのトップへ