CSR

製品安全と品質向上に関する基本方針

 三協立山グループは、「お得意先・地域社会・社員の協業のもと、新しい価値を創造し、お客様への喜びと満足の提供を通じて、豊かな暮らしの実現に貢献します」を経営理念として掲げ、商品・サービスをはじめとする様々な企業活動を通じて、人々が暮らす快適な空間と満足される生活づくりに貢献していくことが使命であると考えております。
 当グループでは、これまで開発・製造・販売する製品の安全・安心への取り組みを進めてまいりました。より一層、お客様に安心してお使いいただく製品をご提供するために、自主行動基準として「製品安全宣言」「品質向上宣言」「製品安全と品質向上に関する行動基準」を定め、グループ各社のすべての活動において製品の安全性確保を最優先に、企業活動を行ってまいります。

※2016年7月に「製品の安全性確保に関する基本方針」に代わり、「製品安全と品質向上に関する基本方針」を制定しています。

製品安全宣言

 私たちは、お客様に安心してお使いいただける安全な製品を提供するため、製品の安全性確保を徹底して追求します。

品質向上宣言

 私たちは、さらに上の品質を追求し、お客様に「選ばれ」「喜ばれ」「必要とされる」企業を目指します。

製品安全と品質向上に関する行動基準

1.法令の遵守

  • 製品の安全性確保及びお客様の安全確保に関する法令や安全に関わる基準、品質に関する規制要求事項を遵守します。
  • 従業員に対して、関係法規、社内規程、その他必要事項に関する教育を実施し、周知徹底を図ります。
  • 法令や安全に関わる基準、品質に関し定期的に監査し維持管理します。

2.製品安全性の確保

  • 製品安全を確保する体制の整備と継続的な改善活動により「お客様」と「製品安全の確保」を優先する企業風土を醸成します。
  • リスクアセスメントを通じてお客様目線の安全設計の実施に取り組むとともに、適切な品質管理を実施します。
  • 製品を安全に正しくご使用いただくため、取扱い説明書、製品本体等に誤使用や不注意による事故防止に役立つ注意喚起や警告表示及びお手入れ方法等の情報を正確で分かり易く表示します。
  • 流通段階で製品の組立、施工を行う関係事業者に必要な情報を提供し、安全性確保の啓発・指導を行います。

3.品質向上

  • 製品の企画・開発・設計から生産・出荷・組立・施工まで各段階におけるリスク分析とその低減に努めます。
  • 製品品質とその管理状況を定期的に確認し、品質管理体制の改善活動を継続します。

4.事故発生時の対応

  • 製品事故が発生した場合、速やかに情報を収集して処理対応を行うとともに、法令に基づき所轄官庁へ報告します。
  • 事故原因を速やかに究明し、安全上の問題があると判明したときは、適切な方法でお客様に告知します。
  • 危害の発生、拡大を防止するため、製品回収、修理等必要な措置の実施と、再発防止を徹底します。

このページのトップへ