ニュースリリース

2019.02.13

当社の欧州子会社がVolkswagen Groupより
電気自動車向けバッテリーフレーム用部材を受注

 三協立山株式会社・国際事業の連結子会社「STEP-G」(ST Extruded Products Group ※1)において、欧州大手自動車メーカー「Volkswagen Group」の電気自動車向けバッテリーフレーム用部材の受注が決定しましたのでお知らせいたします。
 今回受注が決定した部材は、「Volkswagen Group」が新たに開発した、電気自動車向けモジュラーエレクトリックドライブマトリックス「MEB」(※2)にて使用されるものであり、押出から加工・表面処理までを自社で行い、「Volkswagen Group」に完成部材として供給いたします。同部材は「STEP-G」の Bonn工場(ドイツ)内に構築する自動生産ラインでの製造を予定しており、契約期間中に段階的となる出荷のトータル重量は約10万トンを見込んでおります。
 
 「STEP-G」は自動車の安全に関わる部材提供での長年の経験を生かしつつ、グローバル展開する自動車メーカー様のグローバルパートナーの一員として、成長が期待される電気自動車分野の市場拡大に寄与してまいります。


※1:ST Extruded Products Group(STEP-G)
2015年3月にアレリス社(Aleris International,Inc.)のアルミニウム押出事業(生産拠点:ドイツ3カ所、ベルギーと中国に各1カ所)を譲受。高度な技術を有し、主に航空機、鉄道、自動車分野向け製品を製造。

※2:モジュラーエレクトリックドライブマトリックス「MEB」(ドイツ語: Modularer Elektrobaukasten)
「Volkswagen Group」が2018年に発表した新開発の次世代電気自動車向けシャシー基盤。車台の中央全面に駆動用のバッテリーを敷きつめることにより、長い航続とフラットな床を実現するもの。

≪参考≫ STEP-G のWebサイト https://www.step-g.com/


記載されている情報は、発表日現在のものです。

ニュースリリース

商品に関する大切なお知らせ

このページのトップへ