ガバナンス

コンプライアンスの推進

コンプライアンスは、三協立山グループにとって経営の重要事項の一つであると捉えており、コンプライアンス推進担当役員を委員長とする「三協立山コンプライアンス委員会」を設け、コンプライアンス推進基本方針に基づき、活動を進めています。

コンプライアンス推進 基本方針

  • 全役職員が当社グループの社会的な使命と責任を認識し、法令・企業倫理・社内規程を誠実に遵守します。
  • コンプライアンスに最大の価値を置き、利益とコンプライアンスが相反する場合には、コンプライアンスを優先させます。
  • 外部から不正・不当な要求がなされても断固として拒否します。
  • グループ内でコンプライアンスに関する問題が生じた場合には、直ちにこれを是正します。

2020年度活動内容

各種研修・教育活動の実施

三協立山グループでは、不祥事の防止と健全な職場をつくるために各職場にコンプライアンスリーダーを設置しています。今年度は、職場のコンプライアンス活動の推進役であるコンプライアスリーダーを対象に研修を実施しました。
また、新入社員研修および新任支店長・工場長研修を実施し、社会人として求められる行動やコンプライアンスの本質などについて考え、習得する機会を設けています。

コンプライアンス意識の啓発

職場内コンプライアンス活動推進のため、コンプライアンス情報誌を隔月発行しています。コンプライアンスリーダーが、この情報誌の内容を職場内に周知することで、従業員のコンプライアンス意識向上につなげています。また、年2回、コンプライアンスセルフチェックを全従業員に対して実施し、各自の行動を振り返る機会を提供しています。

内部通報制度の理解促進

三協立山グループでは、内部通報制度(通称:コンプライン)を設けています。内部通報窓口と外部通報窓口のほか、取締役および事業役員に係るコンプライアンス違反の通報先として、監査等委員会通報窓口を設置しています。また、内部通報制度の理解状況調査を毎年実施し、調査結果は啓発活動に反映させています。

ページTOPへ戻る