サステナビリティビジョンと
マテリアリティ 

サステナビリティビジョン2050

2050年に向けて日本が目指す姿と、自社の経営理念・これまでの取り組み(強み)から、三協立山グループが長期的に目指す方向として、これまで対外的に発信してきたブランドメッセージを活用し、ESGに対応するサステナビリティビジョンとしました。

  • Scope1:自社での燃料の使用に伴う直接排出
    Scope2:自社が購入した熱・電力の使用に伴う間接排出

三協立山グループのマテリアリティ

  • サステナビリティビジョン2050に基づき、持続可能な社会への貢献を通じて企業価値を高めていくために、当社として中長期的に取り組むべき重要課題
  • 2030年を目標年と置き設定

マテリアリティの設定プロセス

マテリアリティマップ

ステークホルダー視点での重要度
ページTOPへ戻る